〒520-2153
滋賀県大津市一里山2丁目2-5 山中テナント1階
TEL:077-547-1300 / FAX:077-547-1301


クエスト不動産ブログ / Quest Blog.

弊社ブログ、社員ブログを更新公開しております

小室夫婦火だるま 宮内庁は今更特別待遇視?①

2022/05/02

~~

 -デイリー新潮-  2022年4月25日記事

小室圭さん「司法試験不合格」で宮内庁内から聞こえる「特別扱い説」「元皇族の夫の肩書きがはらむリスク」



https://news.yahoo.co.jp/articles/d9a4a06bbdfacc281a62488d471f84e0c6dd4226 >



学年で唯一の奨学金


秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さん(30)の夫、小室圭さん(30)が米ニューヨーク州の司法試験に2回続けて不合格となり、7月に3度目のチャレンジをすることになった。宮内庁内では「合格の可能性は五分五分」と見られていただけに、驚きの声はさほど大きくはないようだが、さまざまな指摘があるのも事実のようだ。


圭さんは、2018年にフォーダム大に入学する際に、「マイケル・マーティン奨学金」を受けることになった。これは同じ学年で一人だけに支給されるもので、学費に加え、寮の家賃、書籍代など支給額は年間およそ1000万円にのぼる。

「返済不要の奨学金を得るのは、学業優秀だからというのが世間の常識でしょう。しかも学年でただ1人ということは、少なくともトップ5くらいに入るレベルだったと見るのが普通。圭さんは卒業時、成績上位15%以内に入っていたと報じられたこともありますが、入学時より成績を落としたということなのか、あるいは別の事情があったのか、はたまたその両方なのか、そのあたりはなかなか判然としませんでした」

と、担当記者。その点、司法試験は圭さんの実力をアピールするまたとない機会だったワケだが……。


肩書きにメリットを


「1度ならず2度までも不合格となってしまったということで、語学を中心に学力が最初から学年で5本の指に入るレベルではなかったのではないかという見方が宮内庁内でも強まっています。そこで出てくるのが、入学時の特別扱い説です」(先の記者)

例えば入学の際、フォーダム大のホームページに「眞子さまの婚約者」などとしてフィーチャーされることがあった。

「アメリカにはロイヤル・ファミリーへの憧憬がある……などといった分析もありました。後にこの件は削除されましたが、そもそも、この『眞子さまの婚約者』という情報は圭さんが認めない限り大学が記載することはないのが自然ですよね」(同)

圭さん自身は昨年10月の会見で、婚約者としての特別扱いを否定している。

「“実力を評価された結果だ”と訴えたかったようですが、そうであるなら『眞子さまの婚約者』の部分は伝えたり認めたりする必要がなかったではないか、プリンセスの婚約者という肩書きにメリットを感じていた部分があったのでは、といった声も宮内庁内からあがっているようです」(同)

このような声が出るのは、結婚に際して圭さんが司法試験合格の可能性について言及していたとされているからだ。



②に続く



~~



マーティン奨学金貰ってNY州の司法試験に落ちたポンコツは史上初の珍事です。

フォーダム大学の学生ならば、初回に9割合格する比較的難しくない試験です。

これが、2回にも渡って不合格になるのは、普通に考えれば、奨学金を貰える実力に無く、フォーダム大学の学生の実力も無かったとなります。

皇室特権を乱用して、フォーダム大学ロースクールに不正入学させて、不正にマーチン奨学金を獲得した事がバレています。

このようなアメリカまで巻き込んだ国際問題となる『日本の恥じ』を広げた経緯を外務省と宮内庁と内閣府と秋篠宮家は明らかにしなければなりません。

ポンコツ小室夫婦に税金を垂れ流し。

これ、誰が責任を取るの?



クエスト不動産経営管理(株) 石光良次


Copyright(c) 2016 QuestPropertyManagement All Rights Reserved.