〒520-2153
滋賀県大津市一里山2丁目2-5 山中テナント1階
TEL:077-547-1300 / FAX:077-547-1301


クエスト不動産ブログ / Quest Blog.

弊社ブログ、社員ブログを更新公開しております

マスコミが報じない新型コロナの感染者がへらないウラ事情③

2021/09/04

~~

 -現代ビジネス-  2021年8月28日記事


『マスコミが報じない「ワクチン接種」が進む日本で、感染者がへらない「驚きのウラ事情」』


https://news.yahoo.co.jp/articles/e3c06869326a5cfdd7d530d4250f78e672073b95 >



私利私欲は捨てよ

 
先日、開業医の中で孤軍奮闘する知人医師から、以下のようなメールが送られた。医療現場の実情を知っていただく上で重要なので、ご本人の許諾をえて紹介する。

 ***

「ここ数日は連日、午前午後の診療でトータル130前後の患者が来院し、その40~50名は新患です。

さらに電話診療でコロナ陽性を通知する患者は連日20~30名ほどであり、わずかにリスクがあるなと判断した患者へはイベルメクチン投与を実施しています。さらには、デキサメタゾンや在宅酸素を導入した患者さんには1~2日おきに電話診療を実施し、経過を追っている状況です。

本日は、保健所が「入院調整で動いている36歳男性に在宅酸素を導入してくれ」と依頼されて在宅酸素大手の「帝人」(夜間含め24時間体制で在宅酸素を配給してくれる優良企業です)へ導入の以来をしたところ「ボンベ・機材が尽き果てました。残念ですがお断りする以外方法がありません」とのことでした。

現在、当院では在宅酸素を連日1~2件導入しておりましたので、窮地に陥った感が否めません。(中略)

当施設が孤軍奮闘するも支えてくれるスタッフ達の気力が限界になりつつあります。本日も外来2時間待ちとなってしまった患者さんが当院スタッフに怒号を飛ばしており、本当に申し訳なかった。

しかし、怒るなら診療すらしない医療施設を怒ってよ…と。

ひとまず給与をこの1~2ヵ月で2割以上引き上げたのですが、それでも退職が出てしまう心配をしています」

医師免許は国家最強の資格である。

医師法17条「医師でなければ、医業をなしてはならない」にあぐらをかかず、19条「診療に従事する医師は、診察治療の求めがあった場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。」をよく読み、私利私欲を捨てて、国民のために尽くすべき。

ドクターとは医師免許を持ったもののみに与えられた称号であることを、忘れてはならない。


木村 盛世(医師・一般社団法人パブリックヘルス協議会代表理事)



~~



新型コロナの発生から1年半以上経過し、当初予想された「猛毒」ではないことがわかっています。

指定感染症の厳格すぎる対応をいつまでもして、一人相撲で自滅している状況です。

『イベルメクチン』は予防にも効果があり、感染してからも治療の効果があるので、ドンドンと全国民に配布すれば良かったのです。

誰も使わないマスクを配布するよりも、副反応の少ない『イベルメクチン』の配布の方が、全然効果のある手法であり、緊急事態宣言も不要であり、経済的損失も防ぐことができました。

今からでもできるのに、まだワクチン利権やワクチンビジネスの為に、大切な命が失われる政策を平気でしています。

さらに、ワクチン接種による副反応によって、1,000名以上亡くなり、大きな副反応により後遺症に悩まされる人が続出しています。

ワクチン接種をすれば、するほど新型コロナの感染者が増加しており、現在やっている政策は、感染を拡大させ、経済を破壊し、国民の命を奪うことをしています。

このまま、政府の言うことを信じて、ワクチン接種をしたり、緊急事態宣言で自粛をしたりしていれば、国としても、個人としても大きな損失を出してしまいます。

今の医療状況では、新型コロナに感染しても、入院もできず、薬も処方してもらえず、自宅療養で亡くなる方も多数います。

『イベルメクチン』や『アビガン』があれば、新型コロナはすぐに治るのに、厚生労働省や政府は、ワザと使わせないように邪魔をしています。

すでに、コロナ禍は人災の域を超えてしまいました。

『イベルメクチン』12㎎は、個人輸入をすれば1錠150円位で手に入り、新型コロナの治療と予防ができます。

自分の命や家族の命を守る為に、個人輸入代行を使って、海外から『イベルメクチン』を購入することをオススメします。



クエスト不動産経営管理(株) 石光良次


Copyright(c) 2016 QuestPropertyManagement All Rights Reserved.