〒520-2153
滋賀県大津市一里山2丁目2-5 山中テナント1階
TEL:077-547-1300 / FAX:077-547-1301


クエスト不動産ブログ / Quest Blog.

弊社ブログ、社員ブログを更新公開しております

藤田医科大学などの2,158人の観察研究

2020/06/11

データのそろっている『アビガン』使用患者の1,282人の分析では、14日目までに症状が改善した割合は、軽症87.8%、中等症84.5%、重症60.3%でした。

5月15日までの藤田医科大学などでの観察研究データとされています。

2020年5月26日に、日本感染症学会ホームページで発表されました。

http://www.kansensho.or.jp/uploads/files/topics/2019ncov/covid19_favip_0526.pdf >


でも、この観察研究は、治験とは違うので、有効かどうかわからないと言われています。

すみませんが、中等症で84.5%と重症で60.3%『アビガン』で改善されているのであれば、科学的に証明をするプラセボに意味があるのでしょうか?

『アビガン』を使った病院と、『アビガン』を使っていない病院で比較をすればイイだけなのです。

科学的に証明をするため、偽薬の為に、多くの人が亡くなってもいいのでしょうか?

さらに、『アビガン』は、2,158人に投与されていますが、重篤な副作用も見られないのです。

『アビガン』の薬事承認を意図的に引き延ばす人については、ワザと人を亡くならせるので、普通に罰を受けなければならないでしょう。


軽症者ならば、新型コロナ患者が何もしないでも7~8割治るようですが、中等症や重症者の新型コロナ患者は、それほど簡単に治らないはずです。

偽薬でも、中等症84.5%、重症60.3%も治ると考えているのでしょうか?

『アビガン』を使用したから、効果が出たんですよね。

もう、『アビガン』については、世間も効果を知っているので、隠したりウソをついたりすることをやればやるほど、不信感を募らせることになります。


そもそも、皆すぐに新型コロナが治り、それ程心配する必要のない病気ならば、緊急事態宣言も必要なかったことになります。

だいたい、新型コロナについては、4日37.5度、有効な薬が無い、ステイホームと散々言われていましたが、どれもこれもウソなのでしょうか?



クエスト不動産経営管理 株式会社


Copyright(c) 2016 QuestPropertyManagement All Rights Reserved.