〒520-2153
滋賀県大津市一里山2丁目2-5 山中テナント1階
TEL:077-547-1300 / FAX:077-547-1301


クエスト不動産ブログ / Quest Blog.

弊社ブログ、社員ブログを更新公開しております

銀行の仕組

2019/01/11

銀行を利用している人は、多いと思います。

預金口座やクレジットカード関連、そして支払い関係でも、けっこう使われています。

むしろ、社会人になれば、給料の振込みや生活もあり、これらは必須となっていることでしょう。

では、皆さんは銀行について、しっかりと理解しているでしょうか?


銀行にお金を預けることを『預金』と言います。

(郵便局にお金を預けることは、『貯金』と言います。)

また、銀行からお金を借りること(融資)もできます。

家を買う場合は、キャッシュ(現金)で買える人は、ほどんどいないので、どこかの金融機関で融資を受けます。


つまり、銀行はお金を貸してくれる人からお金を借り、そのお金に利息をつけて返します。

一方で、借りたお金を他の人や会社に貸して、その利息をもらいます。

低い金利で借りて、高い金利で貸出します。

基本的に銀行は、差引の利鞘で儲けを出しています。


大学で経済学を学んだことがある人などは、知っているかもしれませんが、『信用創造』と言われるものがあります。

この『信用創造』は、何もないところから生み出されるお金のことです。

銀行に現金の預金(本源的預金)があれば、これから預金準備金を差し引いた金額は貸出しにあてることができます。

銀行が預金を顧客に貸し付け、その一部が再び銀行に預金されるという繰り返しにより、もとの預金の何倍かの預金通貨が生じることになります。

シュンペーターやハイエクなどの経済学者が『信用創造』などについて、色々なことを言っており、色々な計算式があります。


詳しく書くとキリが有りませんので、本日はココまでといたします。



クエスト不動産経営管理(株) 石光良次


Copyright(c) 2016 QuestPropertyManagement All Rights Reserved.